FC2ブログ
「乱奴」主宰。健太の営業案内とオトコのあれこれ!
  トレーニングはいかが?  

セックス 感じてる?

いつもより感じる、興奮するセックスへとトレーニングしてみませんか?

アナルは痛くて苦手。経験があまりない。良さを知りたい。

アナル開発トレーニング初級

(自分から穴を開くトレーニングを教えます。相手のチンコを待っているだけではダメです)

シャワー浣腸未経験。いつも心配。失敗して・・・してしまう。

シャワ浣はじめてトレーニング

(ビデオ撮影で初心者に教え、ノンケモデルでさえ、15分でマスターします。)

あの~男性経験がないんです。

男はじめてトレーニング

(緊張と不安を取り除き、タチでもウケでもトレーニングで体感できます。)

タチが出来るかどうか試したい。テクニックを身につけたい。

タチチャレンジトレーニング

(大きさではありません!挿入、突き方、体位など責め方のポイントを伝授)

ウケでも感じません。出来るけど我慢しています。

アナル開発トレーニング中級

(穴の筋肉と頭のイメージが一つになる=感じるレッスンをします)

彼氏とのセックスはタチ役。本当に満たしたい願望は!

変態願望トレーニング

(隠すことありません。遠慮もいりません。狂ってください。)

潮吹きが出来るようになりたい。もう少しでFF。定期的拡張。

アナル開発トレーニング上級

(オマンコで狂いたい!快楽を知っているからこそ!更なる欲求を!)

トレーナーの兄貴に甘えたい。可愛がりたい。1人占めしたい。

兄貴とマッタリトレーニング

(ビデオモデルたちが、リラックスとエロをトレーニングいたします。)

その他、興奮するプログラムをご自身でつくることが出来ます。

マニアックなリクエストにも対応いたします。(縛り、尿道カテーテル以外)

くわしくはこちら ↓↓↓ 乱奴ホームページ

http://rando.x.fc2.com/

2018/04/21(土)02:21
アカウントが凍結してしまいました
解除待ちなんですけど
いつになったら使えることやら
ご迷惑をおかけしております~


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2018/03/06(火)18:50
最近の小技としては
細い麻ヒモでキンタマが二つに割れるようにしてチンコを縛り
指マンで前立腺を当てながら
もう片方の手で
膨れたキンタマから竿にかけて軽く撫でる
全身がピクンピクンと痙攣気味に反応したところで
乳首を軽く触る
アッーん
オマンコ乳首野郎ならしびれるソフト責めです

DSC_0132.jpg

画像はキンタマ割りの縛りをして六尺を締めさせました
また六尺の上から爪先だけでキンタマから竿に撫で上げて、
膨れ上がった亀頭も爪先だけでコチョコチョする
汁がにじみ出てきたら許してやる

亀頭責めが好きでも、
亀頭が敏感でローションでの亀頭責めが苦手な人でも
アッーんアッーん言ってしまう
その後
オマンコにはローター2つを入れ
アナルストッパーで栓をしているケツを突きだして
俺のチンコをフェラしている奴隷
鏡に映して画像を撮った

DSC_0141_20180306192425ffd.jpg

奴隷として調教されたい人も
激しい責めではなく、ソフトに責められたい人も
是非、セックストレーニングで違う快楽を探してみませんか~




2018/02/04(日)02:20

アナル拡張はどうやったら安全に開くか
今まで指1本しか入らなかった人が
チンコでガン堀り出来るようにするには

セックストレーニングでは
指マンでオマンコの筋肉を動かすレッスンを行います
お尻の筋肉を動かす人もいますが、違いますよ~
穴の筋肉ですよ~

いくらやっても穴の筋肉を動かせない人もいますね
そりゃ、チンコを入れるとギブアップとなってしまうはずです
そんなカチコチと硬いオマンコ
ご自身も痛いし、タチも挿入して気持ち良くありません

私からの指マンで指を挿入する時に、ご自身で開いていく動きを学んでもらっています
その動きは、普段ガン掘りが出来る方でも
指が4本入る方、フィストファックが出来る方でも
応用出来る動きなので、よりトロトロに、よりパックリと開いて
前立腺に当たりやすくなる
潮吹きしやすくなる
となります

DSC_0176_20180204021000ac2.jpg

画像は
指2本しか入らなかったお客様が
指4本になり、おもちゃのトンネルプラグを挿入してパックリになったものです
もちろん、その後のガン掘りで潮吹きを初体験してもらいました
本人はフィストが出来るまでの拡張希望で定期的なレッスンを行って調教中

さあ、指1本でチンコを入れるとギブアップしているあなた
パックリ開くレッスンを受けてみませんか?
たぶん、指1本程度で終わっている方は
シャワ浣をした事が無い方がほとんどなので
シャワ浣トレも同時に受けてくださいね
解説&実践でセックストレーニングを行います

2017/12/29(金)02:19
オマンコ納めしませんか?(30日まで)
31、元旦、2日がお休み
オマンコ始めしませんか?
新年は3日から営業
チンコの根本まで挿入出来るのにトコロテンしない
ガン堀りされても大丈夫なのに潮吹きしたことがない?
それは、もったいない
是非セックストレーニングでコツを学んでください
2017/10/10(火)16:23
タイトル
裸印(らいん)  全6話

前回までのお話
出会い系アプリで知り合ったユウジとサトル
互いにセックスの相性はいいみたいだ
しかし互いに付き合っている彼氏がいる
まあ、よくある話である

登場人物
サトル (変態好きなアナルウケ)
ユウジ (アプリで知り合ったドSのタチ)
啓介  (サトルの彼氏でGOGOボーイ)

前回からお読みになりたい方は、この下に第1話も載せていますので
下の回からお読みください

第2話 【 華 】
ピンポーン
「はーい、雨降ってきちゃったね」
サトルの部屋にやって来たのは啓介
付き合って3カ月程の彼氏である

「ねえ、今度さ、啓介の家に行っていい?」
「いいけど親と同居だからなー」
「最寄り駅ってどこだっけ?」
「坂上(中野坂上)」
「坂上が実家って、めっちゃ都会っ子じゃん」

啓介はイベントなどで妖艶な踊りを見せる
いわゆるGOGOをやっている

イベントで一目惚れしたサトルがアタックしたら、友達から、と言いつつ、
イベント後の朝方にはサトルの部屋で寝ていた
それ以来、会うことになり、俺たち付き合ってるの?
と、サトルが笑いながら聞いたら、啓介が笑いながら、そうかも。と答えた

「なんか幸せだなー」
「何がだよ(笑)」
「かっこいい彼氏に抱かれるなんて(笑)」
「なんだよ、見た目だけで選んだのかよ」
「そんなことないよ、」

いや、完全に見た目で選んだと実感したのは
三回目のセックスの後だった

初めてのセックスの時
「啓介はタチ?ウケ?」
「ん~タチ寄りのリバかな」とカッコつけて答えた
「俺、バリウケなんだ」
もう言ったもん勝ちである
今日で10回ほどセックスをした

「うーと、ケツ洗ってくる~」
リモコンでテレビの音量を一つ大きくした

サトルにとっては、あの舞台に上がり脚光を浴びて輝かしい人を
1人占めして、自分を好きと言ってくれているだけで満足出来ると思っていた
つまらない腰の動きでも、感じちゃうよと作りあげた声で、感じている偽りぐらい、
それが恋愛の始まりなんだろうと経験から学習したつもりだった

しかし、もっともっと、満たしたい
もっと奥まで
もっと拡がるくらいに
もっと激しく
もっと情けない顔になって
もっと狂いたい

ユウジの
変態野郎と罵る声
冷血な眼差し
予測不可能なストーリー

思い出しては、啓介の感じもしない挿入したチンコでも、
入れられながら勃起してチンポ先から透明な液を垂らしている
「あ、ダメだ、イクっ、、、」
その後の無言の時間によって、あ、もう終わったぞ、という空気が流れる
啓介のチンコがこんにゃくのように弾力だけを感じ
ヌルンとオマンコから抜けていった
「おーいっぱい出た」自分のゴムザーメンを垂れないようにして結んだ
その後、義理のように俺の乳首を舌先でレロレロと舐め
早くイッテしまえ、という動きのように、啓介がチンコをしごく
はいはい、と義理のように「あ、俺もイッちゃう」と事務的に射精する

出した後の抱擁もなく、「あ、シャワー浴びちゃうわー」
とすぐに洗い流しに行くGOGOのケツを見ながら
可もなく、不可もなく
ティッシュでケツのヌメリを拭き取っていた

啓介が口数少なく帰っていった後、裸のまま、ウトウトと眠ってしまった
出した後は眠くなるタイプなんだ
朝立ちのように勃起したチンコ
やはり、物足りないのを、チンコもオマンコもわかっている

洗面所からブラックカイマン(でかめのディルド)を持ち出し
ローションを垂らして「欲しいよ~」とつぶやいて、ディルドに跨る
腰を前に付き出したら、トコロテンしてしまった
そのザーメンを指でぬぐい、舐めて
「あ、ユウジさん、ザーメン」と声を出していた

テーブルにあるスマホを見つめ
悩んだ末に、ラインでユウジのアカウントから無料通話をタップしていた

「あ、ユウジさん?遅くにごめんね、今いい?」
ユウジは自宅のリビングからキッチンに移動して換気扇の前でタバコに火をつけた
「おう、どうした?」
ディルドに跨って狂っている。と伝えた
「あ、はは。狂っちゃえよ」
リビングにいた同居人と目が合う
ユウジは身体を反転させ冷蔵庫を見つめ電話を聞いていた
「彼氏が出したゴムザーメン~ゴミ箱にあるから~今から口の中に垂らすよ~うぅ~」
「おーいいね~」
サトルは腰を動かし狂っていた
「あ、ザーメンうまい~ディルドが当たってオマンコも気持ちいいよ~」
「おーイッちゃえよ」
「ユウジさん、ユウジさん、イッちゃう~」
う、うっ。とフェイドアウトしていくサトルの震える声
「よかったな、イケて、あはは、じゃ、またな」

「和也~誰から?」
「ん、会社の後輩がフェスに行くから休みたいという相談」
「“いっちぇえ”って言ったんだ。そしたら“めっちゃ狂ってきます”って言うから、よし狂って来いよ。って、話し」
「フェスか~いいな~」
キッチンのシンクで水を出しタバコを消して
リビングに戻りで録画しておいたドラマの続きを見る
「あ、待たせてごめん」
奴にそう言ってリモコンで一時停止のボタンを押した
停止画面から「だからさ、」とドラマのセリフが続いた

そう言えば、俺はユウジと名乗っていたんだ
自宅で本当の自分モードになっていたから、「ユウジさん」と言われドキっとした

そう、俺の名は和也である。

続く
第3話 【 開 】 近日発表



第1話 【 犬 】
「いやっ~マジ混みじゃん」
職場でもないのにスーツを着た戦士たちが
誰よりも先に食って帰ろうとする定食屋は戦場となっている
テーブルに着き、スマホと煙草を置いたら
緑のランプが点滅していた
「LINEやってますね~」
「あ、うん」
先週、この後輩にLINEを教えてもらった
俺にとっては必要のない連絡方法であったが
急遽、必要とする相手が見つかったのだ

「今日、どう?」
これで意味がわかる相手からだ
「20時半なら行けるけど」
へなちょこな熊のスタンプが“OK”と言っている
「じゃ、ビールでも買っていくよ」
そんなに喜ぶ事でもないのに、送られてきたスタンプは
オーバーアクションで、やったー!とパンダが叫んで涙している

サトルの家に行くのは出会い系アプリで知り合い、今日で3回目
もちろん、セックスもこれで3回目となる

「連休はどっかに行ったの?」
そんな事を聞いてくるサトルだが、どうせ興味はないのだろう
薄っぺらい二人の関係にとっては無駄な会話だが
ビールを飲む時の話ネタとしては
それは、それでいいのだ
どうせスケベな汁で濡れる事しか、頭にないのだから

Tシャツの上から乳首を触ると、すでにコリコリしていた
サトルはスイッチが入ったかのように
身体をピクっん。とさせ、目をトロトロにさせながら俺を見てきた

「あのさ、黙ってたことがあるんだ」
「え、何?」
サトルの耳元に近づき小声で言ってみた
「俺さ、Sっ気があって、変態なんだ」
言いながらサトルの乳首を強めにつまみ、答えを待った
「あ~っん」
嫌がっていない
それが答えだった

「ノーマルにやらないと嫌われるかな?と思ってさ」
前回までは、いたってシンプルな良くも悪くもないセックスをした
「変態?ってどんな事するの?」
「いや、サトルが嫌がる事はしないよ」
「ただ、ちょっと強制的にフェラとかさ」
「そう言ったら、俺もMで変態なんだと思うな~」
手を伸ばしスマホを取って、画面を指先で素早く払うように動かした
「あ、これ見て」

そこには、どこかの駐車場で全裸になり
手足をガムテープで拘束され、身動き出来ないサトルが
ションベンを飲まさている画像だった
飲ませている男に、画像を撮る男
そしてサトルの目は完全にキマってイっている
「あ、これ3年前だから、まだキメとか大丈夫な時ね」
「お~う、すげーな。想像以上の変態だよ」

サトルにはMっ気があり、「普通以上」を求めている事くらいは、初めて会った時から知っている
過去2回のセックスは騎乗位で当たる、当たる~と叫んで自分で腰を振っていた
普通なら、それでも十分にイヤらしいスケベな奴だけど
しかし、そのくらいでは満足しない変態である事はお見通しさ

洗面所には500mlのペットボトルを少し細くしたようなディルド
ブラックカイマンが置いてあったからである
このデカさを欲しがるオマンコ野郎からしたら
「普通のセックス」で終わるなんて前戯に過ぎないのだ

前戯
それは「挿入」できる状態にすること
互いに気持ちを高め、俺は勃起すること、奴はケツマンコが疼くことが目的だ

「チンコ、気持ちいいよ~」
そんなの、アクション!と脳が命じれば、熟した女優くらいの気持ちで演じることぐらい出来る
あの画像からして、満たしたい「欲」は
やりましょうね。と、チンコが用意できればいい訳ではない
もっと深いところを手を突っ込み「宝」を探って手に入れたい
手にした物がどんな物なのか!そんなドキドキなゲームを楽しみたい
自分に“余裕”と“魅力がある”と勘違い出来ていれば、誰でもゲームに参加できる
そんな勘違いと欲の強い奴であることは、俺にとっても都合がいい

そう、セクフレなんて都合いいほど、相性がいい事はないのである
面倒な駆け引きも、気を使う事も、遠慮もいらない
欲しいと思えるものが、手に入る喜びがあれば
それでいいのだ

「じゃ、キスするか、サトル。」
黙って顔を近づけたサトルの顔にツバをぶっかけてやった
サトルは、ハッと驚いた様子から、嬉しそうに言った
「うれしいっす」
「なんだうれしいのか!口開けろ!」
ぺっ!サトルの口の中にツバを放り込んだ
「おい、全裸で正座だろ」
「はいっ」
既にチンコがビン立ちになって正座するサトルは
褒美を欲しがっている犬のように俺を見上げていた
「なんでチンコが立ってるんだ?立たせていいと言ったっか?」
目をウルウルさせながら甘えてやがる
『ビッシっ。』
サトルを正座から横に倒れるくらいにビンタをした
「おい、痛いか」
暴力という程のビンタにサトルの目は驚いていたが
「いいえ、っ。。」
「だろうな、なんださっきの画像は?こんなビンタじゃビックリもしねえだろ?」
髪をつかんで睨んで見た
「聞いてんだよ!」
「はいっ!」

フャスナーから俺の仮性包茎のフニャチンコを取り出し
包茎チンコの皮をめくり、黒光している俺の亀頭をサトルの鼻の下に近づけた
「う、クセっ」
「なんだと!クセーだと?」
「いいえ、いい匂いです」
2日間、包茎チンコを洗わずにいた
「やべ~あはは、白いチンカスがネトネトしてらぁ」
「ください」
「何?何がくださいだ?」
「白。白いチンカスをください」
「ど~うしよ~うかな~あ」
サトルは舌を出して、ハアハアしている犬のように待ち構えている
「まだ、待てだ  よし、いいぞ」
ウムウムといいながら俺のチンコの掃除が始まった
「きれいになったか?」
「ほれ、皮の中にベロを入れて、1回転させてカリの周りを舐めんだよ」
サトルは聞いていないくらい夢中に舐めやがってる

「よし終わりだ」
心臓の動きに合わせた息使いで、美味かったと満足気な目をして俺を見つめた

サトルのチンコを足で踏み、やさしく言ってやった
「かわいいなあ、サトルくん、もう一度お口開けてごらん?」
正座したサトルがゆっくりと口を開けてきた
「ご褒美だ」
サトルの口をめがけ、ションベンを流し込んでやった
口にだけでなく顔に頭に。胸にチンコに。
フローリングが汚れることなんて二人とも気にしていない事を考えたら
更に二人とも気持ちが一つになれたように思えた
「あ、ビール飲んだから、すっげー出るわ」
「うれしいです。もっとください~ぃ」
「おい、床にあるションベンも全て吸って飲め」
「はい。」
「うめーか?」
「はい、ユウジさんのションベン、美味いです」
そこには犬というより、豚になったサトルがいた

そう言えば、俺はユウジと言うんだった。
忘れていた。
サトルは本当の名前だ
それは知っている。

続く
第2話 【 華 】
健太プロフィール

乱奴 健太

Author:乱奴 健太
職業:「乱奴」主宰
セックストレーナーの派遣業
乱奴聞き屋の聞き手
乱奴ショッピングの販売員
http://rando.x.fc2.com/
あなたの快楽と幸福を願う
ゴリラ系エロ兄貴
アナル開発師
Sっ気有り本性ドM
バリタチバリウケ
FFリバ変態系オラオラ
さあ、本気!見せまっせ!

健太への連絡

randokenta@yahoo.co.jp randokenta@docomo.ne.jp
非通知には電話出ません~
初めての方はメールでご連絡ください

最新記事
画像コレクション


P-Clip β版

来てくれた乱れた奴ら

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログもオマンコも君と繋がりたいな~よろしく!

この人とブロともになる

ブロとも一覧
覗いてみてや!
リンク
話題で探す
健太にエロメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
QRコード

QR

RSSリンクの表示
動画どうだ!

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- ライクボーイズ公式WEBサイト-ゲイ動画配信 likeboys channel BIGGYM DATA MARKET テキーラネットワーク エクストリームシアター BoysHeadLine ゲイ動画配信サイト ?可愛い男の子がいっぱい!?

 | 乱奴ブログ男のケツとハートにドピューン!TOPへ |  前の日記のページへGO


  オススメ動画だどうが?(笑)  
BIGGYM DATA MARKET HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信- テキーラネットワーク エクストリームシアター ライクボーイズ公式WEBサイト-ゲイ動画配信 likeboys channel BoysHeadLine ゲイ動画配信サイト ?可愛い男の子がいっぱい!? Gアフィリエイト - 総合アフィリエイトサイト

Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX